医療機器

院内の医療設備は最新の機器を整備しており、入院環境アメニティは常に整備更新し、快適な入院生活がなされ、治療を受けられるように勤めています。

主要医療機器

  • シネアンギオ Infininx Celeve-i
  • 64列マルチスライスCT Revolution EVO ES
  • MRI装置 Vantage Elan
  • X線TV装置 DREX-WIN
  • 超音波診断装置 Xario Xg
  • 超音波診断装置 Viamo
  • 大動脈バルーンパンピング XEMEX
  • 血管内超音波 VOLCANO
  • プレッシャーワイヤー(FFR測定)
  • 直流除細動器 TEC-5531
  • 心エコー(SSD-5500)
  • 上部消化管大腸ビデオスコープ
  • 手術用顕微鏡OPMICSレトロスコープ(カールツァイス)
  • 人工呼吸器VSウルトラ
  • 脳波計スナフィット2500
  • FCRデジタル画像診断装置
  • 骨塩測定装置DCS-600EXⅢ
  • 血管撮影装置AC-100C
  • 生化学自動分析装置日立7150
  • 血液ガス分析装置ABL50
  • 自動電解質分析装置EA06T
  • 硝子体白内障手術装置1000オキュートム
  • マンモグラフィー MGS-100B

診療設備紹介

シネアンギオ装置

最新式のフラットパネルレントゲン装置を導入したカテーテル検査室で、心臓や末梢動脈疾患の徹底した診断・治療を行います。

64列マルチスライスCT装置

マルチスライスCTでは一度に複数枚の断層画像を高速で撮影することが可能となったことにより、精細な立体画像を撮ることが可能となりました。今までのCTではできなかった、心臓全体にわたる冠状動脈の撮影も可能となり、検査時間が短くなることにより患者様のX線の被爆軽減にもなっています。

当院では、この高速で撮影できるCTを使って、心臓に栄養を送っている冠動脈が狭くなる狭心症や足の血管が狭くなる閉塞性動脈硬化症の検査が外来で行えます。

心エコー検査

超音波を使って心臓を診ることができる機械です。放射線を使用しないため被爆の心配もなく、痛みもなく心臓の動き、形、大きさや弁膜症の有無、さらには心臓の中の血圧差などもリアルタイムで調べられます。

当院では、最新鋭機を導入しており、予約がなくても当日外来で検査を受けていただける体制を整えております(外来の状況によりお待ちいただく場合もありますので御了承下さい)。

血液・尿検査

当院では検査室を構え、検査機器の整備及びスタッフの配置を行っておりますので至急検査を行うことが可能です。